オルリファストの影響でビタミン不足に

脂肪や乳製品、動物性脂肪など、おいしい食べ物がたくさん含まれいても、オルリファストを服用すれば、脂肪分を体内に吸収せずに、そのまま排出することができます。

現在のところ、厚生労働省は許可はおりていませんが、アメリカやヨーロッパではダイエット医薬品として許可され、肥満の治療薬として病院で処方されているそうです。

日本でも早くそのような時代になってほしいものです。
そんな脂肪を排出してくれるオルリファストにも悪いところがあります。
それが、ビタミン不足です。

オルリファストは、胃の中で脂肪を吸収しないようにリパーゼ阻害の効果があり、胃や小腸で吸収せずに体外に排出します。

しかし、脂肪だけでなく、「ビタミンA、D、E、K」などの脂溶性ビタミンまで一緒に排出します。

そのために、体の健康を考えて、普段よりも多めに「ビタミンA、D、E、K」を意識的に吸収することが重要になります。

まぁ簡単にビタミンを吸収するならマルチビタミンがオススメだと思います。
計画的に、ビタミンを吸収することができます。
でも、サプリと医薬品を併用して服用することで、ある程度は効果が薄まったり、過剰に高まる恐れもあるために、一番は普段の食生活でビタミンを補うのが理想になります。