オルリファストの副作用について肝臓の負担

オルリファストを毎日のように服用することで、起こりやすい副作用が肝臓にたいする負担です。

一般的に、アメリカのFDAに許可が降りているために、大きな障害が起こる心配はありませんが、長期間や過剰の服用が原因で肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

これは、「オルリファストを服用しているから」というよりも内服薬を服用していることが一つの要因です。

薬は体にとって異物であり、肝臓にとってもストレスになってしまいます。
胃や小腸で消化された薬は、肝臓に伝わるために、長い期間服用を続けることで、多少なりとも負担が掛かります。

肝臓に過度の負担がかかった場合、普段とは違う違和感を感じます。

たとえば、顔色に変調が起こる「淡黄色」です。
皮膚の色が少し黄色みがかってきます。

薬を服用し、過剰に負担がかかった場合に起こりやすい一つお症状です。

その他にも、手のひらや足の裏が黄色くなったり、自律神経失調が乱れやすくなり、不眠症や不安症、起こりやすくなると言われています。

そのために、普段とは異なる症状を少しでも感じた場合は、オルリファストや他の薬の服用を一時中断し、病院で診察を受けること。

肝臓の場合は、自己判断をすることがなかなか難しく、肝機能障害など、症状が悪化して起こるために、少しでも違和感を感じた場合は、直ぐに行動をすることが、改善に近づきます。