オルリファストで”強烈な下痢”に悩まされる

オルリファストを服用することで、脂肪分を吸収しないために、そのまま体外に”脂”を排出してくれます。

これは嬉しい「ダイエット効果」になるために、ダイエットや体重の維持につながる。
しかし、ここで問題になるのが「強烈な下痢」です。
製造元のアナウンスによると、副作用は胃のムカつき程度で、長期にわたり服用することができ、よりダイエット効果が期待できると記載されています。

しかし、実際にオルリファストを服用して感じるのが、胃のムカつきだけでなく、他に「強烈な下痢」の副作用が起こることです。これは、私だけでなく、他にオルリファストを服用している人は多いかと思います。

特に、女性の場合は月に一度の生理が訪れるために、下痢の悩みはあるかもしれませんが、オルリファストの場合は、通常の下痢とは異なり、消化吸収されなかった脂肪分が油性の下痢となって簡単に肛門から漏れでてしまうために「強烈な下痢」が厄介に飛び出てきます。

この処理が大変です・・・
オルリファストを服用し、副作用を感じている人もそれぞれ異なると思いますが、私の場合はラー油に似た液が露出しているために、結構悩まされています。

yahooの知恵袋をのぞいてみると、大人用紙おむつやナプキンを使っている人もいるそうです。
ちなみに私は、便をする前に、洋式のトイレの周りにトイレットペーパーを大量に引いてから便を放出します。
とくに、便をした後にラー油が便器について取れないために、最低限の事をおこなっています。

この他には、油汚れに強い洗浄剤を使用する方法もありますが、正直な所、毎回のようにゴシゴシと掃除するのも面倒です。

とにかく下痢の発生は必須なので、仕事場や外のトイレを使用する場合は、ある程度の対策が必要になると思います。